/

ホンダ、8月末で「モンキー」生産終了 排ガス規制強化で

ホンダは24日、東京ビッグサイト(東京・江東)で開幕した「東京モーターサイクルショー」で、8月末に人気の原付きバイク「モンキー」の生産を終了すると発表した。1967年の初代モデルの発売以降、小柄で扱いやすい車体やデザインが多くのファンを集めてきた。国内で9月から排ガス規制が強化されるのを機に、およそ半世紀に及ぶ歴史に幕を下ろす。

モンキーは1961年に東京都日野市に開業した遊園地「多摩テック」の乗り物として製作された「モンキーZ100」が原型だ。ホンダが67年に公道走行可能な初代モデル「モンキーZ50M」を国内発売した後、50年間ほとんど車体のデザインを変えていない。

扱いやすい排気量50ccの「ミニバイク」として若者を中心に幅広い層から人気を集め、海外各地の展示会でも注目を浴びた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン