/

シャープ、米でテレビ高級ブランド 18年度にも発売

(更新)

シャープ幹部は24日、テレビの高級ブランドを立ち上げ米国に投入することを明らかにした。商標権は「すでに申請している」という。早ければ2018年度にも売り出すとみられる。シャープは18年度末にテレビの世界販売を16年度の約2倍となる1000万台に増やす方針を掲げており、一度撤退した南北アメリカのテレビ事業への再参入を表明していた。

60インチ以上の大型テレビを想定しているとみられる。シャープはテレビでは「アクオス」ブランドを展開しているが、新ブランドは高級品に絞り、高画質の8Kなどの先進技術をアピールする。

シャープは経営危機の際に南北アメリカからテレビの撤退を決定。このうちブラジル以外の地域でブランド使用権を中国の電機大手、海信集団(ハイセンス)に20年末まで供与する契約を結んだ。ただ16年に台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業の傘下に入り戦略を転換。鴻海とシャープは米国で大型テレビ用の液晶パネル工場を新設する計画で、テレビ組み立てまでの一貫生産を検討している。

直近ではハイセンスからブランドを買い戻す交渉が難航している。新ブランド立ち上げには中国に次ぐ世界2位の薄型テレビ市場である北米での拡販を急ぐ狙いもある。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません