2018年1月22日(月)

スカイマーク、全日空との共同運航を先送り

2016/1/24 19:41
保存
共有
印刷
その他

 経営再建中のスカイマークが今年10月からの冬ダイヤごろに始めるとしていた全日本空輸との共同運航を、先送りすることが24日分かった。全日空が共同運航の条件として同社の予約発券システムの導入を求めているのに対し、経営の独立性を保ちたいスカイマークが難色を示しているため。両社は今後も協議を続けるが、決着の見通しは立っていない。

 2015年1月に民事再生法の適用を申請し経営破綻したスカイマークは同年9月に全日空の持ち株会社であるANAホールディングスなどの出資を受け、経営再建に踏み出した。全日空の販路を使って座席を販売する共同運航の契約も結び、対象路線などの詳細について協議を続けてきた。

 全日空は両社間で予約情報などをスムーズにやりとりするため、同社が国内線で使っているシステムをスカイマークにも導入するよう求めている。再上場を目指すスカイマークは全日空への依存度が高まることを警戒し、自前のシステムにこだわっている。協議が決着した場合でも準備には1年程度かかるため、今年10月の冬ダイヤからの共同運航の実施は難しくなっていた。

日経電子版が2月末まで無料!初割のお申し込みは1月31日まで!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報