/

この記事は会員限定です

ウエアラブルで診療迅速に ITベンチャーや慈恵医大が端末

[有料会員限定]

医療・介護関連のIT(情報技術)ベンチャー、アルム(東京・渋谷)や東京慈恵会医大などは、血圧や脈拍を測り、病院とも情報をやりとりできるリストバンド型ウエアラブル端末を開発する。容体が急変したときには救急隊が問診した情報も分析し、人工知能(AI)が適切な医療機関を選定。迅速に診療を始めて重症化を防ぐシステムとして製品化を目指す。

開発には中央大や精密モーター大手のシナノケンシ(長野県上田市)も参加。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り244文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン