/

日清食品HD、英国食品大手と業務提携 株式取得も検討

日清食品ホールディングス(HD)は23日、英国の食品大手プレミアフーズと業務提携すると発表した。今後、日清食品HDはプレミアフーズの株式の取得についても検討する。割合は現時点では未定としているが、15%以上を取得する方向で話を進めているもようだ。

両社は販売網を相互利用するほか、商品の共同開発や研究開発、商品のOEM(相手先ブランドによる生産)などでも協業することで基本合意した。日清食品HDによる株式取得が実現した場合には、非常勤取締役の派遣なども検討していく。

プレミアフーズの売上高は約1500億円で、スープや即席麺などの加工食品のほか、調理用のソースといった調味料や菓子の製造販売を手がける。英国でシェア1位の即席スープのブランドなどを持つ。同社によると、米食品大手マコーミックから株式取得を打診されていたが、拒否し、日清食品HDとの提携を決めた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン