/

映画「君の名は。」興行収入100億円突破 宮崎監督作品以来

東宝は23日、アニメ映画「君の名は。」の興行収入が100億円を超えたと発表した。興行通信社によると今年公開された映画のなかでは最も多い。同作は8月26日に公開され、若い世代を中心に強い支持を集めていた。22日までの28日間で観客動員は774万人を突破した。邦画で100億円を超えるのは、2013年に公開した宮崎駿監督の作品「風立ちぬ」以来となる。

同作は美しい映像表現で知られる新海誠監督が手がけた。都会に暮らす少年と田舎の町に住む少女の意識が夢を通じて入れ替わってしまう様子を描く。地球に接近する彗星(すいせい)を巡る予想外の展開や、劇中に流れるロックバンド「RADWIMPS」の楽曲が話題となっていた。

新海監督自身が執筆した「小説 君の名は。」(KADOKAWA)も発行部数100万部を超えた。モチーフとなった場所を巡る「聖地巡礼」も広がっている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン