カプコン、乗車履歴使ってゲーム ニンテンドー3DSなど連動

2016/8/24 2:00
保存
共有
印刷
その他

カプコンは携帯型ゲーム機「ニンテンドー3DS」と、東日本旅客鉄道(JR東日本)の「Suica(スイカ)」など交通系IC乗車券を連動させるシステムを開発した。乗車履歴などの情報をゲーム機で読み込み、ゲーム内でアイテムを手に入れたり、キャラクターとのコミュニケーションに反映したりできる。今後システムを生かしたゲームを展開する。

ジェイアール東日本企画(東京・渋谷)が開発に協力した。非接触ICチップ技術「フェリカ」を活用しデータを読み取る。スイカのほか「ICOCA(イコカ)」など全国の交通系IC乗車券10種類が利用できる。読み取るのは乗車履歴が中心で、名前や定期券の利用区間、チャージしている残高などの個人情報は読み取らない。

読み取り機能を内蔵する携帯型ゲーム機「Newニンテンドー3DS」シリーズのほか、「ニンテンドー3DS」シリーズでも読み取り機器を接続すれば利用できる。

地方の特定の駅に行けばアイテムを得られるようにするといった設定もでき、システムを地域振興にも生かしたい考え。第1弾としてシステムを利用したコミュニケーションゲームを開発している。実在する全国の9000以上の駅のデータを収録しており、ゲーム内に登場する予定だ。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]