2019年3月19日(火)

緑茶「伊右衛門」、発売以来初の刷新 サントリー食品

2017/1/23 20:23
保存
共有
印刷
その他

サントリー食品インターナショナルは23日、緑茶飲料「伊右衛門」を3月に刷新すると発表した。大幅な見直しは2004年の発売以来初めてになるという。急須で入れた本格的な茶の味わいの再現をめざし、パッケージも茶の色を表現したデザインに変える。伊右衛門ブランドは特定保健用食品(トクホ)の投入などで販売は好調。定番品のテコ入れでさらなる成長をめざす。

中身はうまみが強い一番茶を従来品の2倍に増やし、新たに石臼でひいた煎茶を加えて「口当たりの良いコクを引き出した」という。刷新後も価格は500ミリリットルで税別140円と従来品と変わらない。

緑茶市場はキリンビバレッジが16年に発売16年目の生茶を刷新し、再ヒットさせるなど競争が激しくなっている。16年の伊右衛門ブランドの販売量は15年比6%増の5540万ケース。大幅な刷新で17年も16年比で3%増をめざす。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報