2019年9月17日(火)

紫色LED拡販、5月に日本法人 中村修二氏のVB

2015/4/23付
保存
共有
印刷
その他

ノーベル物理学賞を受賞した中村修二氏が共同で創業した、米国の発光ダイオード(LED)照明ベンチャー「Soraa(ソラー)」(カリフォルニア州)が紫色LED事業を拡大する。5月に日本法人を設立、日本市場の本格開拓にも乗り出す。中東など海外拠点を増やして照明のラインアップも拡充し、2015年の売上高を前年比約8割増の70億円に引き上げる。

ソラーの主力商品は紫色LEDチップに赤、青、緑色の蛍光体を組み合わせて作ったLEDランプで、ホテルや高級ブランド店で使われている。23日、1日に開設した横浜市の営業拠点で中村修二氏が記者会見を開き、「日本は評価が最も厳しい市場。世界で売っていくために日本の消費者の声に対応したい」と開設の狙いを語った。

5月には日本法人を立ち上げて販路を拡大する。日本ではウシオライティング(東京・中央)などを通じて12年から販売を始め、14年の売上高は1億5000万円。東京ステーションホテル(東京・千代田)やデパートなどで使われている。アイリスオーヤマも販売提携に意欲を示しており、日本での15年の売上高は3億円を目指す。

月内には世界4カ所目の営業拠点をドバイに構える。ラインアップも従来の5倍の10種類に増やす。紫色LEDは電気を光に変える効率が80~90%で世界トップレベル。「自然光に近くてきれいな白色で、照明デザイナーから引き合いが強い」(中村氏)といい14年の売上高は前年比2倍の約40億円に成長した。3年後にも新規株式公開(IPO)を計画する。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。