味の素、海外でコーヒー拡大 飲料売上高20年度8割増に

2015/6/23付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

味の素は4月に完全子会社化した味の素ゼネラルフーヅ(AGF)と連携して、海外のコーヒー販売を伸ばす。子会社化によってAGFが持つ技術を活用できるようになったことから、東南アジアを中心に付加価値を高めた商品を投入する。また業務用市場にも参入してオフィスや飲食店での需要を開拓する。

コーヒーや粉末飲料事業の売上高を2020年度に2730億円と、14年度比で5割以上増やす。このうち海外は830億円と同…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]