2019年5月23日(木)

ローソン、中国の電子決済を全店で導入 免税対応も拡大

2017/1/23 20:15
保存
共有
印刷
その他

ローソンは24日、全国のコンビニエンスストアなど約1万3000店で中国ネット通販最大手、アリババ集団の電子決済サービス「支付宝(アリペイ)」を導入する。アリペイのアプリをダウンロードしたスマートフォンを使えば、日本円での買い物が自動的に人民元に換算されて決済できるようになる。

アリペイは中国で4億5000万人以上が利用し、モバイル決済市場で8割以上のシェアを占めるとされている。国内では百貨店や家電量販店など約4000店がすでに導入している。23日に東京都内で開いた発表会でローソンの玉塚元一会長は「今後も中国人訪日客は増え続ける。まずは(28日に始まる中国の旧正月)春節に照準を合わせて(受け入れの)体制を整えていく」と話した。

ローソンは数億円を投じてレジのシステムを改修。アリペイのアプリをダウンロードしたスマホで看板を撮影するとクーポンが当たる機能なども今後搭載していく。中国人向けの対応に加え、今後も訪日客の取り込みを広げていくため、現在の約100店で実施している免税対応を2020年には3000店に広げる計画だ。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報