/

この記事は会員限定です

日本ハム、食物アレルギー対策へ財団設立 研究開発を資金支援

[有料会員限定]

日本ハムは27日、食物アレルギーに関する一般財団法人「ニッポンハム食の未来財団」を茨城県つくば市に設立する。食物アレルギーのある子供の増加を踏まえ、同社が持つ知識や経験をインターネットで提供するほか、食物アレルギーについて研究開発する企業などを資金支援する。

文部科学省の調査によると、小中高で40万人を超える児童・生徒が卵や小麦などの食べ物にアレルギーがある。給食などで誤って食べて死亡する事例も起...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り200文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン