JFE、ベトナムで高炉参画 車用鋼板を安定供給

2015/7/24付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

JFEスチールは台湾の化学最大手、台湾塑膠工業(台湾プラスチック)グループがベトナムで建設する大型製鉄所に参画する。高炉を持ち、年間700万トンの粗鋼生産能力でスタートする製鉄所の運営会社に出資する。日本勢が東南アジアで高炉事業に乗り出すのは初めてで、日本車の東南アジア生産が加速する中で、自動車用鋼板などを安定供給できる体制を整える。

製鉄所はベトナム中部のハティン省に建設中で、2016年春にも…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]