建設業界団体トップ、残業規制「相当な猶予を」

2017/2/23 15:40
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

建設会社の業界団体、日本建設業連合会(東京・中央)の中村満義会長(鹿島会長)は23日の定例記者会見で時間外労働の上限規制の建設業への適用について「相当な猶予期間と段階的な実施を是非お願いしたい」と述べた。日建連としての見解を取りまとめ、3月にも政府に要請したい考えだ。

政府は14日の働き方改革実現会議で、残業時間の上限を月平均60時間とする案を示した。建設業は残業の上限規制の適用が除外されている…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]