日本経済新聞社は、これから国のかじ取りを担う、若く、新しい力を育てるプロジェクトを「未来面」でスタートさせました。今年度の通年テーマは「経営者と話そう。」です。日本経済新聞の紙面と電子版を通じて経営者と読者が双方向で対話し、アイデアの実現可能性を探ります。次世代につなげる持続的な社会をどう築けばいいのか。感性あふれる提案をお寄せください。

AIとロボットは、30年後の暮らしをどう変えるか 読者からの提案 藤森義明LIXILグループ社長編(6月29日)

(1/4ページ)
2015/6/29 3:30
共有
保存
印刷
その他

 藤森義明さんの提示した「AIとロボットは、30年後の暮らしをどう変えるか。」という議題に対するアイデアを募ったところ、多数のご投稿をいただきました。紙面掲載分を含めて、当コーナーでその一部をご紹介します。

■子供とともに成長

小野日菜子(18) 明治学院大学国際学部1年

 子供とともに成長するAIやロボットが生まれ、家族の一員のような存在になるのではないか。例えば、赤ちゃんが泣いている理由がわからない親は多い。そこで育児ロボットが子供の感情や健康状態を科学的に分析し、状況にあった方法で子供をあやしたりミルクを与えたりして世話をする。幼児期には、人間の目で分からない危険を察知して見守る。子供が成長したら家庭教師ロボットとして子供の個性に合った方法で教えられる。

■単身高齢者をつなぐ

村山輝周(18) 早稲田大学社会科学部1年

 在宅型ロボットが単身高齢者の新しいパートナーとなり、地域を結ぶ役割を担うだろう。AIとタッチパネルを搭載し、離れて暮らす子供や孫とテレビ電話ができる。何気ない会話で他人と関わりを持つように勧め、高齢者同士の交流機会を提供し、地域のイベントも紹介する。孤独死は激減し、高齢者は人との関わりによって充実した最期の時を過ごせる。地域ネットワークの連携を果たすロボットを支給する政策もやがて必要になるだろう。

■災害の人的被害ゼロ

小笠原舞(20) 産業能率大学経営学部3年

 自然災害大国、日本で「自然災害の人的被害ゼロ」の日が来るかもしれない。例えばプレートの動きや火山活動を把握し情報管理するクラウドを備えたAI搭載ロボットを各家庭に設置する。緊急地震速報のように予知情報を流し、家族に連絡が取れる機能を付けたうえで、人の救出もする。人間の側は過去の体験や教訓をAIにインプットしておくが頼りすぎず、新旧の避難対策を怠らない。飛躍的に人的被害を減らせるはずだ。

【以上が紙面掲載のアイデア】

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 3ページ
  • 4ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

LIXILロボット

斎藤保・IHI社長編

三浦惺・NTT会長編

木村康・JXホールディングス会長編

永瀬昭幸・ナガセ社長編

大野直竹・大和ハウス工業社長編

尾堂真一・日本特殊陶業社長編

柄澤康喜・三井住友海上火災保険社長編

木川真・ヤマトHD社長編

小林喜光・三菱ケミカルホールディングス社長編

鈴木敏文・セブン&アイHD会長編

【PR】

【PR】


日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報