/

日清食品HD、中国でカップ麺新工場稼働 浙江省

日清食品ホールディングス(HD) 23日、中国浙江省でカップラーメンの新工場を稼働した。中国の即席麺市場は2016年で約385億食と日本の7倍。能力増設で旺盛な需要を取り込み、20年度に中国事業の売上高を16年度比5割増の537億円に増やす。

3億5千万元(約56億円)を投じ年産最大6億食の能力を持つ工場を浙江省平湖市で稼働した。23日の開所式で安藤宏基社長は「中国は有望市場。プレミアム即席麺を中心に拡大する」と述べ、価格が5元(約80円)以上のカップ麺や即席焼きそばの生産、販売に力を入れる考えを示した。

日清食品は今月、中国事業の統括会社を香港証券取引所に上場申請した。安藤清隆中国総代表は「意思決定を迅速にし、技術力を強みに中国市場を開拓する」と強調。商品開発の現地化などを通じ、年10%以上の成長を目標に掲げた。(上海=小高航)

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン