MRJ「納入を2020年半ばに延期」 三菱重工

2017/1/23 15:11
共有
保存
印刷
その他

国産ジェット機「MRJ」の納入延期についての会見に臨む三菱重工の宮永社長(23日午後、東京都港区)
画像の拡大

国産ジェット機「MRJ」の納入延期についての会見に臨む三菱重工の宮永社長(23日午後、東京都港区)

 三菱重工業は23日、子会社の三菱航空機(愛知県豊山町)が開発中の国産ジェット機「MRJ」について、初号機の新たな納期の見通しを「2020年半ば」として、ANAホールディングス(HD)への引き渡し時期の延期を正式に発表した。同日記者会見した宮永俊一社長は「MRJの長い事業展開のために、よりよい結果をもたらすだろう、と決断した」と述べ、開発の継続に意欲を示した。納期の延期は5回目で、事業は正念場を迎えている。

 2008年に事業化を決定した際は2013年を目指していた。半世紀ぶりの国産旅客機の開発は想定以上に難航している。開発費は数千億円規模に上っている。航空機の開発費は巨額に上り、回収も十年単位の長期にわたる。米ボーイングやボンバルディア(カナダ)も新機種の開発で苦戦した時期もあり、ほぼ新規参入に近い状態だった三菱重工にとっても厳しい状況となっている。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ速報トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 7:00
7:00
関東 7:01
7:00
東京 7:01
7:00
信越 7:00
7:00
東海 21:17
21:15
北陸 6:02
6:00
関西 16:16
12:27
中国 12:27
7:01
四国 12:27
7:02
九州
沖縄
21:04
20:55

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報