日立、海外含むデータ一元管理システム発売

2015/10/23付
保存
共有
印刷
その他

■日立製作所 23日、海外の工場や協力会社を含め、製造や設計に関するデータを一元的に管理できるシステムを26日に発売すると発表した。形式の異なるデータを共通化する仕組みをつくり、簡単に集約できるようにした。基幹システムの導入実績がある顧客を中心に売り込み、2018年度までに累計で1000億円の販売を目指す。新システムを使えば、万一不具合で製品の回収が必要になった場合でも影響範囲の特定などが簡単にできるようになるという。生産拠点のグローバル化が進む中で、同社は一元管理する需要は今後も増えると判断した。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]