2019年4月24日(水)

「生産者はアーティスト」 アミューズが「食」に参入

2017/5/23 16:55
保存
共有
印刷
その他

福山雅治さんや星野源さんなど、有名アーティストやタレントが所属する芸能事務所アミューズは23日、食事業に参入すると発表した。まずイタリアや米国などで生産された高級オリーブオイルを輸入し、自社のオンラインショップや都内の高級スーパーで5月下旬から取り扱う。アーティストが音楽だけでなく食まで届けるモデルで事業の多角化を図る。

「食のエンターテインメントだ」。23日に都内のレストランで開いた記者会見で、アミューズのビジネスアライアンス部の奥田維部長はこう語った。本業の芸能事務所の仕事で関わったテレビ番組を通じ、アミューズは「食」にエンターテインメントの可能性を見いだし、「農業」や「食育」に10年ほど前から関心を持ち始めていた。

奥田氏らがオリーブオイルに出会ったのは昨年のこと。国際コンテストで賞を受賞する高級品は、ワインのように生産者が産地や搾る作業などにこだわりを持つ。奥田氏は生産者をアーティストに見立て、「本物のアーティストの商品を探し出すことは、これまで様々な有名アーティストを発掘・育成してきたアミューズのノウハウを生かせるのではないか」と着想。食事業参入の第1弾のカテゴリーとしてオリーブオイルに白羽の矢を立てた。健康志向を背景に、オリーブオイルの国内市場が拡大していることも追い風となった。

アミューズが取り扱うオリーブオイルはイタリア産「ノッチェラーラ」(税別4500円)、米国産「フラントイオ・グローブ」(税別4100円)など計8種類。「全て、海外のエキストラバージンオリーブオイルの国際規格を満たしたもの」(奥田氏)という。国内の食品メーカーなどの商品に比べ価格は割高だが、高級品として違いを出す。

5月下旬から「感動オリーブオイル」シリーズとして、自社のオンラインショップ「アスマート」で発売。また高級オーガニックスーパー「ビオセボン麻布十番」(東京・港)でも扱う。他の小売店とも交渉を進めているという。

アミューズは第2弾も検討し、「ワインなどのお酒や調味料などが選択肢に入っている」(奥田氏)。大量生産とは一線を画し、生産者の顔が見える高級品分野に絞りながら事業の裾野を広げていく予定だ。

(黒瀬泰斗)

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報