/

この記事は会員限定です

「クラウド」から「フォグ」へ IoT時代の情報処理

[有料会員限定]

日本の携帯電話大手3社が、あらゆるモノがネットにつながる「IoT」時代に対応した割安通信サービスを本格始動する。IoTでは、少量で簡易な情報を頻繁にやりとりするインフラの重要性が増し、日本のIoT普及に弾みがつく。これを契機に「クラウド(雲)」に次いで流行しそうなIT(情報技術)用語が「フォグ(霧)」。日本企業も静かに動き出している。

工場、車、店頭の現場でデータ処理

「フォグコンピューティング」という言葉が生まれたのは2015年...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1619文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン