/

この記事は会員限定です

ゴーン氏「IT大手と合従連衡推進」 日産社長交代

[有料会員限定]

社長と最高経営責任者(CEO)の退任を決めた日産自動車のカルロス・ゴーン氏は23日、日本経済新聞のインタビューに応じた。今後はルノー・日産連合全体を統括する立場から、IT(情報技術)大手など異業種との新たなパートナーシップの推進に軸足を移す考えを示した。主な一問一答は以下の通り。

 ――なぜ今、社長交代を決断したのですか。

「2016年12月に三菱自動車の会長に就任し、同社の経営に時間を取られるようになったことが大きい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り389文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン