/

この記事は会員限定です

凸版印刷、インドネシア包装材大手を買収、100億円、新工場も建設

[有料会員限定]

凸版印刷はインドネシアの食品向け包装材メーカーを買収する。買収総額は約100億円とみられる。同国では中間所得層の拡大に伴い、屋台が中心だった外食産業でスーパーやコンビニエンスストアが台頭し包装材の需要が増している。2020年までに50億円程度を投じて新工場も設ける計画だ。

包装材大手のカリヤ・ウィラ・インベスタマ・レスタリ(ジャカルタ)と今秋にも創設する持ち株会社の株式51%を凸版印刷が取得する。カリヤ社...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り462文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン