2019年1月20日(日)

ソフトバンク、子会社4社を4月に合併

2015/1/23付
保存
共有
印刷
その他

ソフトバンクは23日、携帯電話事業を手がけるソフトバンクモバイルやワイモバイル(旧イー・アクセス)など子会社4社を4月1日付で合併すると発表した。各ブランド名は合併後も維持する。各社が持つヒト、カネといった経営資源を集約し、国内市場での競争力を高める。

ソフトバンクモバイルを存続会社とし、ワイモバイルのほか、家庭向け高速ネット通信のソフトバンクBB、固定電話などのソフトバンクテレコムを吸収合併する。2014年3月期の4社の売上高を単純合算すると、約3兆5000億円。新会社の会長にはソフトバンク社長の孫正義氏(57)、社長には同副社長の宮内謙氏(65)が就く。

合併後は、これまで各子会社が手がけていた、あらゆるモノをネットにつなぐ「インターネット・オブ・シングス(IoT)」事業などを拡大させる。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報