東電HD、電力設備点検にIoT 阪大とセンサー

2016/7/23 23:36
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東京電力ホールディングス(HD)は電力設備の点検作業に、モノがインターネットにつながる「IoT」の技術を導入する。大阪大学と共同で小型の無線センサーを使ってデータを効率的に収集するシステムを開発する。従業員による作業を減らしコストを削減する。

東電HDの経営技術戦略研究所(横浜市)が、阪大の関谷毅教授が医療用に開発したセンサーを使ったシステムを応用する。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]