/

この記事は会員限定です

東電とJパワー、横須賀に高効率石炭火力 2000億円投資

[有料会員限定]

東京電力はJパワーと共同で、首都圏に最新鋭の石炭火力発電所を新設する方針を固めた。総投資額は2千億円規模を見込む。原子力発電所の稼働停止が長引くなか、発電効率が従来より約2割高い新型火力を建設し燃料コストを抑える。2016年の電力全面自由化による競争激化をにらみ収益力の改善を急ぐ。

神奈川県横須賀市に原発1基分に相当する出力100万キロワット規模の石炭火力発電所を建設する。老朽化のため停止してい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1458文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン