2019年6月27日(木)

双日、シンガポールの中古航空機リース会社に出資

2016/2/22 20:10
保存
共有
印刷
その他

双日は22日、中古航空機のリース、販売を手掛けるキーストーン・ホールディングス(シンガポール)と資本提携すると発表した。親会社から約12億円でキーストーンの株式の50%を取得する。格安航空会社(LCC)が運航機を増やし、中古機のリース市場が拡大すると判断した。双日が航空機リース会社に出資するのは初めてだ。

防衛産業大手シンガポール・テクノロジーズ・エンジニアリングのグループ傘下で、航空機整備を手掛けるシンガポール・テクノロジーズ・エアロスペース(STエアロスペース)のグループ企業から株式を取得する。

双日は米ボーイングやカナダのボンバルディアの航空機を日本で販売してきたほか、中古機リースを手掛けている。これまで築いた海外販売網を活用して、キーストーンのリース事業を拡大する。加えて、STエアロスペースの整備ノウハウを生かし、退役した機体を解体し部品を販売する「パーツアウト事業」にも手を広げるほか、ビジネスジェット事業も進めていきたい考えだ。

日本航空機開発協会の予測では、新興国などで航空便利用者が増えるため、ジェット旅客機の運航機数は2014年の約2万機から、34年に3万7000機に増える見通しだ。LCCなどによる航空機の調達拡大をにらみ、三菱商事や三井物産などの総合商社各社はリース事業を強化している。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報