サッポロ、「極ゼロ」で国税に異議 115億円返還要求

2015/6/22付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

サッポロビールは22日、ビール系飲料「極ゼロ」を巡り、自主納付した酒税115億円の返還を求め、国税当局に対して異議申し立てをした。同社は極ゼロが税率の低い「第三のビールとしての確証を得た」として一旦納付した酒税の返還を1月に求めたが、国税が拒否。この判断を不服としたサッポロが再度返還を求めたことで、酒税を巡る両者の争いはさらに長期化することになる。

国税当局は異議申し立てを受けると、今回の決定が…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]