日本型宅配モデル岐路 ヤマトが宅配総量抑制へ

2017/2/23 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ヤマト運輸が宅配便の荷受量を抑制するのは、想定を上回るインターネット通販の拡大でサービスの維持が難しくなってきたためだ。当日配送や無料の再配達といった付加価値が高い一方、手間がかかる物流サービスは、人手不足で限界が近づく。世界に誇る日本の宅配モデルは岐路に立つ。

約40年前に宅配便を始めたヤマト運輸は消費者のニーズをくみ取りながらサービスの品質を磨いてきた。スキーやゴルフなどスポーツ用具の運搬の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]