/

この記事は会員限定です

日本型宅配モデル岐路 ヤマトが宅配総量抑制へ

[有料会員限定]

ヤマト運輸が宅配便の荷受量を抑制するのは、想定を上回るインターネット通販の拡大でサービスの維持が難しくなってきたためだ。当日配送や無料の再配達といった付加価値が高い一方、手間がかかる物流サービスは、人手不足で限界が近づく。世界に誇る日本の宅配モデルは岐路に立つ。

約40年前に宅配便を始めたヤマト運輸は消費者のニーズをくみ取りながらサービスの品質を磨いてきた。スキーやゴルフなどスポーツ用具の運搬の不...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り359文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン