/

電通、有給休暇取得を義務付け

電通は22日、労働環境改善策の一環として2017年から年間10日の有給休暇取得を義務付けると発表した。社内に常勤の精神科産業医を配置して、従業員の労務、健康管理を徹底する。過重労働問題を受けた労働環境改善策の一環。

有休取得は上期(1~6月)に5日、下期(7~12月)に5日を義務付ける。17年からはすべての局で取得率を50%以上にすることを目標にしており、義務付けることで達成につなげる。

精神科産業医も常時相談に乗れるように常勤とする。また業務と人材のミスマッチを解消するため、社内FA(フリーエージェント)公募制度も導入する。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン