/

クックパッド、「みんなのウェディング」と提携解消

料理レシピサイトのクックパッドは22日、結婚式場の口コミサイトを運営するみんなのウェディングとの資本・業務提携を解消すると発表した。今年3月に退任した前社長の穐田誉輝氏が26日から実施するみんなのW株のTOB(株式公開買い付け)に応募し、同社が保有する発行済み株式の26%すべてを売却する。みんなのWとは経営多角化を進めていた穐田前社長時代の2015年4月に提携したが、提携解消で料理を中心とする本業に「改めて最大限集中していきたい」(同社)という。

クックパッドでは今年初め、当時の社長だった穐田氏と創業者の佐野陽光氏の経営方針をめぐる対立が強まり、穐田氏が3月の株主総会後に社長を退任した経緯がある。穐田氏が経営多角化を進めようとみんなのWへの出資などに踏み切ったのに対し、佐野氏が料理レシピサイトなどの本業に経営資源を集中すべきだと主張。創業者で大株主でもある佐野氏が外部から招いた岩田林平氏が社長に就任してからは、主力事業以外のサービスを分社化するなど多角化路線の撤回を進めていた。

今回のみんなのW社との提携解消も、多角化で参入した事業を切り離して本業に注力する「佐野流」の経営を強めるのが狙いとみられる。

一方、穐田氏はみんなのW社で取締役会長に就いており、個人株主としても発行済み株式の12.7%を所有する。TOBを通じてクックパッドやほかの株主から株式を追加取得して、出資比率を最大66%まで引き上げる。TOBの買い付け価格は1株1000円と、22日終値(804円)よりも約24%高い水準。買い付けの期間は12月26日から2017年2月10日まで。TOBが成立した場合も、みんなのWは東証マザーズへの上場を維持する見通しだ。

穐田氏はクックパッドの社長退任後、代表権のない取締役兼執行役に就いていたが、31日付で執行役を退任する。取締役には留任する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン