/

マクドナルド、HPの一部を関西弁に 「マクド」派勝利受け

マックとマクド、愛称をテーマにしたキャンペーンの様子(東京都内)

日本マクドナルドは22日、「マック」と「マクド」のどちらが愛着のある愛称かを競う対決キャンペーンで関西で浸透するマクド派が勝ったことを受けて、ホームページ(HP)の一部を関西弁仕様にした。全国で11府県と使う地域が少ないマクド派が勝った時の公約で、サラ・カサノバ社長のメッセージを期間限定で関西弁にしている。

HPでは社長メッセージを「マクドはお店に来はるすべてのお客様に、いつでも最高のお食事体験を提供することを目指してますねん」などと関西弁に変えた。キャンペーンはそれぞれの地域に基づき考えた新商品のツイート数などで勝敗を決め、51%対49%でマクド派が勝った。

モスフードサービスも同日、「ご当地創作バーガー決戦」を開くと発表。全国の店舗から地元食材などを使ったバーガーのアイデアを競い、選ばれた「北見しょうゆタレとんかつバーガー」など4品を9月12日から順次商品化する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン