2019年5月26日(日)

韓国電力公社、東芝の英原発事業会社買収検討

2017/3/22 22:32
保存
共有
印刷
その他

【ソウル=山田健一】韓国電力公社の趙煥益(チョ・ファンイク)社長は22日、東芝の英原子力発電事業会社、ニュージェネレーション(ニュージェン)の買収を検討していることを明らかにした。海外原発事業を縮小する方針の東芝が検討しているニュージェン株の売却について、趙社長は「条件が整えば一番に(買収)提案したい」と話した。

韓国電力が中西部の世宗市で開いたメディア懇談会で明かした。趙社長は東芝が持ち株の売却比率や負債の取り決めなど「ニュージェン売却の具体的なスキームを固めれば、提案する」と述べ、強い意欲をのぞかせた。一方ではニュージェン売却に伴う「日英両政府の合意がまだなされていない」とも語り、東芝が売却スキームを固めるためには日英両政府の了解が必要になるとの見解を示した。

ニュージェンは英国北西部で原発の新設計画を進めており、東芝は株式の6割を持つ。2014年にニュージェンをスペイン電力大手などから約170億円で買収した。東芝は韓国電力に水面下で株式譲渡を打診しており、韓国電力がニュージェンの買収検討を公に認めたのは初めて。

東芝が破綻処理を検討している米原子力子会社ウエスチングハウスを巡る発言はなかった。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報