/

この記事は会員限定です

ラオックス社長、九州への訪日客「夏休みに回復」

[有料会員限定]

中国資本傘下の免税店大手、ラオックスの羅怡文社長は22日、九州を訪れる外国人観光客への熊本地震の影響について、余震が収まれば「7~8月の夏休みまでには回復するだろう」との見方を示した。ただ中国政府が九州への渡航に注意喚起していることに触れて「当面は影響を避けられない」とも話した。

ラオックスは日本全国で免税店を37店展開する。14日の熊本地震以降「海路からの訪日客数に大きな変化はないが、空...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り196文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン