/

日本電産の4~6月、純利益38%増で最高 車向け好調

日本電産が22日発表した2015年4~6月期連結決算米国会計基準)は、純利益が前年同期比38%増の241億円となり、四半期ベースで最高を記録した。車載カメラやセンサーなど自動車の運転支援関連の製品が好調だった。円安も利益押し上げ要因になった。

売上高は19%増の2850億円。パソコンに使うハードディスク駆動装置用モーターの販売数量は落ち込んだが、自動車向けのほかスマートフォン(スマホ)向けなどに小型振動装置が伸びた。営業利益は24%増え、310億円だった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン