2019年1月23日(水)
速報 > 人事 > 記事

阪急電鉄社長に杉山氏

2017/2/23 2:00
保存
共有
印刷
その他

阪急阪神ホールディングス(HD)の中核会社である阪急電鉄は22日、杉山健博副社長(58)が4月1日付で社長に昇格する人事を固めた。中川喜博社長(63)は阪急阪神ホテルズの代表権のある会長に就く。角和夫会長(67)は留任する。

阪急電鉄は沿線を中心に不動産やホテル、宝塚歌劇団など多くの事業を手掛ける。杉山氏は阪急電鉄の運輸部門で人事・労務畑が長く、グループの経営戦略も立案した。大阪・梅田の再開発や沿線住民サービスの強化を進める。

2014年に社長に就任した中川氏は首都圏での不動産開発で道筋を付けたほか、宝塚歌劇団の100周年事業などに取り組んだ。

杉山 健博氏(すぎやま・たけひろ)82年(昭57年)東大法卒、阪急電鉄入社。05年取締役、16年副社長。兵庫県出身。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報