/

この記事は会員限定です

たばこ値上げ容認、財務省に思惑 外資は追随の構え

[有料会員限定]

日本たばこ産業(JT)は22日、主力商品「メビウス」(旧マイルドセブン)を4月に10円値上げして1箱440円にすると発表した。日本のたばこ価格は主要国では珍しい認可制で、増税時以外のメビウス値上げは1985年の民営化後初めて。値上げへこぎ着けられたのは、認可に慎重だった政府の姿勢が変化したためとの見方がある。国内需要の縮小が続くなか、利益の確保を目指し外資大手も追随する可能性がある。

値上げは同日...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り610文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン