/

オンワード、「食」のネット通販参入 営業マン吟味の商品

アパレル大手のオンワードホールディングス(HD)は22日、全国の「ご当地食材」をインターネット上で販売するサイトを立ち上げたと発表した。支店の営業担当者らが吟味した商品をサイトで紹介し、同社は仲介手数料を受け取る。衣料品販売が伸び悩む中、食と服のポイントを共通化することで、顧客の裾野を広げる狙いもある。

サイト名は「オンワード・マルシェ」。酒、米、調味料や器など7つのカテゴリー、約3千点を取りそろえる。佐賀県の「伊万里牛黒カレー」など、あまり流通していないが質の高い産地の食材が対象だ。日本産の食料品を海外向けに販売するためのサイトも立ち上げる予定だ。

オンワードHDの保元道宣社長は22日、「生活を豊かにするという点で食と衣服には共通点がある。ファッションと融合させた新しいカルチャーをつくり出したい」と述べた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン