ヤフー、20年目の岐路 日米の「別れ話」に現実味

2015/4/23 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米インターネット大手のヤフーが日本のヤフー株の売却に向けて動き出した。スマートフォン(スマホ)への対応の遅れを挽回するためにM&A(合併・買収)資金などを確保する。事業上の関係は薄く、従来も売却話はあったが、投資ファンドの圧力がある今回は切迫度が異なる。米ヤフーとソフトバンクが合弁で1996年に日本ヤフーを設立して20年目。別れが現実味を帯びてきた。

■米ヤフー、スマホ対応へ資金確保

「日本ヤフー…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]