/

この記事は会員限定です

食品の遺伝子検査、費用3分の1 クラボウと東洋製缶が機器

[有料会員限定]

クラボウと東洋製缶グループホールディングスは費用を従来の3分の1以下に抑えた遺伝子検査器を年内に売り出す。複数の遺伝子を同時に調べることができ、食品メーカーが輸入したミンチや加工食品に表示外の肉が混入していないかどうかなどを判別できる。複数の感染症を同時に調査可能なことから医療用としても売り込む。

クラボウが開発した試薬に東洋製缶が製造する容器を組み合わせた。特定の遺伝子を12種類まで同時に調べ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り403文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン