/

トヨタホーム、ミサワホームを子会社に

ミサワホームの上場、維持の方針

トヨタホームは22日、ミサワホームへの出資比率を51%に引き上げると発表した。発行済み株式の14.1%を上限にTOB(株式公開買い付け)を実施し、残りを第三者割当増資で引き受ける計画。出資額は総額147億円前後となる見込みだ。ミサワホームの上場は維持される方針。

トヨタ自動車グループで住宅事業を手掛けるトヨタホームは、2005年に経営不振に陥ったミサワホームと提携、10%超を出資した。現在は27.8%を出資する筆頭株主となっている。

両社は当初は資材調達や人材交流面で協力してきたが、近年はトヨタホームが得意とする鉄骨構造体とミサワホームの外壁材を組み合わせた耐火構造を持つ賃貸住宅を共同開発するなど、事業面での連携を深めている。

ミサワホームは22日の開示資料で国内の住宅市場は今後縮小が避けられず、「各社の統合もいずれは避けられない」と指摘、「トヨタホームの連結子会社となることで事業を推進していくことが必要不可欠」と説明した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません