/

LINE、年内上場見送り 「最適な時期ではない」

無料対話アプリのLINE(東京・渋谷)は22日、日本と米国で準備を進めていた株式上場を年内は見送ると明らかにした。7月までに東京証券取引所と米証券取引委員会(SEC)に上場申請書類を提出し、今秋の上場を目指していた。年内は上場しない理由について同社は「新規株式公開(IPO)に最適な時期ではない」としている。

LINEは世界で約5億人が利用するが、米フェイスブック傘下の「ワッツアップ」や中国のネット大手、騰訊控股(テンセント)が手掛ける「微信(ウィーチャット)」などの類似アプリと競争が激しくなっている。米国上場で海外の知名度を高め、調達した資金で利用者の獲得を一気に進める戦略を描く。

上場すれば時価総額は1兆円を超え、今年の国内のIPOでは10月に予定されるリクルートホールディングスと並び最大規模になるとみられていた。

LINEは日米に同時上場するか、どちらか一方に上場するか決めておらず、韓国の親会社のネイバーと検討していた。ネイバー内で意見が割れており、決定を先送りしたもようだ。

また、米連邦準備理事会(FRB)が7月にイエレン議長の米議会証言に合わせて提出したリポートで交流サイト(SNS)の株価の割高感を指摘。LINEが中国で利用できなくなっていることなども、年内の上場を見送る背景になったようだ。

LINEは上場申請を取り下げてはいない。株式上場を断念したわけでなく、「最適なタイミングで実施する」(同社)としている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン