/

アスクル社長、火災で謝罪「サービス正常化は月内に」

アスクルの岩田彰一郎社長は22日午後、物流拠点「アスクルロジパーク首都圏(ALP首都圏)」(埼玉県三芳町)の火災が鎮圧されたことを受け会見し、「地元に住んでいる方や自治体、取引先、お客様、関係者の皆様にご迷惑をおかけしました」と謝罪した。

業績への影響は精査中で、後日開催する説明会で報告するという。配送が遅れている「アスクル」や「ロハコ」の通販では横浜市の拠点に在庫を集約し、「月内にサービスを正常化したい」(岩田社長)との見通しを示した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン