孫ソフトバンク社長、AIが意欲に再点火 引退撤回

2016/6/22 13:50
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ソフトバンクグループの孫正義社長(58)は22日、都内で開いた株主総会で、前夜に電撃的に表明した引退撤回について、人工知能(AI)が人類の知能の総和を超える「シンギュラリティ」の到来を前に「(経営への)妙な欲が出てきた」と述べた。AIが本格的な普及期を迎える時代に、孫氏が掲げる「情報革命」のチャンスが広がったことが引退撤回の真相だと明かした。

孫氏はシンギュラリティの到来を「人類史上最大のパラダ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]