高齢者、スマホで見守り 位置情報を地域で共有

2014/12/22付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

認知症の高齢者を見守るシステムの開発が広がってきた。介護中堅のメディカル・ケア・サービス(さいたま市)は小型発信器とスマートフォン(スマホ)を使い、施設から迷い出た高齢者の情報を地域住民に収集してもらう仕組みを開発。オリックス系の有料老人ホーム運営会社はセンサーによる外出検知をめざす。認知症患者の安全確保や介護職員の負担軽減につながりそうだ。

厚生労働省の推計では、日常生活に支障のある認知症高齢…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]