2019年1月20日(日)

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 20,666.07 +263.80
日経平均先物(円)
大取,19/03月 ※
20,630 +280

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

鈴木亮の視界亮行[映像あり]

1月18日(金)14:20

年金額0.1%増に抑制 マクロ経済スライド発動[映像あり]

統計不適切調査による予算修正案を閣議決定

1月18日(金)13:00

[PR]

株主総会ニュース

フォローする

さらば「総合」電機 東芝総会、株主の視線厳しく

2016/6/22 11:03
保存
共有
印刷
その他

東芝は22日、定時株主総会を東京都墨田区の国技館で開いた。昨年発覚した会計不祥事の事態収拾に続き、虎の子の医療機器子会社や白物家電事業の売却など大規模リストラを受けた初めての総会で、再建に向けて株主の信認を得たい考え。一連のリストラで総合電機の看板を下ろす東芝は、半導体と原子力中心のエネルギー、昇降機など社会インフラを3本柱として再建に挑むが、株主からは再建の道筋の不透明さを指摘する声もあがる。

東芝の株主総会に向かう人たち(22日午前、東京都墨田区)

総会の冒頭、室町正志社長は「この1年間ご迷惑とご心配をおかけした。配当も見送り、誠に申し訳ありません」と株主に改めて不祥事と業績悪化をわびた。

ただ、会場に向かっていた株主からは厳しい声があがっていた。都内の50代女性は「会計不祥事が非常にショックだった。初めて総会に参加するが、どうやって事業を立て直していくのか、なにで稼ぐのかを提示してほしい」と話す。

横浜市の76歳男性は「社外取締役の平均年齢が高く、海外展開やイノベーションに対応できるのか疑問。一新しても事業の継続性はおろそかになるのでは」と指摘する。「新社長はグループ外から来た方が良かった。今までの経営層は誠実さに欠けているので変化を求めたい」(千葉県市川市の67歳男性)。米議決権行使助言大手がトップ人事案に反対推奨していたが、個人株主からも一部疑問の声が出ている。

一方で、今後に期待する声もあった。都内の男性(70)は「これまでの経営のうみが出されているか注目したい」と話す。同じく都内の会社員男性(39)は「これからどの事業で生き残っていくのかを確かめたい」とした。千葉市の男性(80)は「娘が勤めているので会計不祥事発覚後に株主になった。長い歴史のある会社。新社長は評価しており、持ち直して欲しい」と力を込めた。

混乱収拾にあたった室町社長は総会終了後に退任する。経営企画を担当し医療機器子会社のキヤノンへの売却などリストラをまとめた綱川智副社長が社長に昇格し、原子力畑の志賀重範副社長が会長に就任する新経営体制が始まる。会計不祥事の混乱収拾には一定のめどが付いたものの、一部の株主による民事訴訟などが続いており懸念はくすぶる。

さらに、事業の再建はようやくスタートラインに立ったばかり。株価も持ち直しているとはいえ安定軌道に乗ったとはいえない。総会が終わっても経営への株主の厳しい目は続く。

(大本幸宏)

株主総会ニュースをMyニュースでまとめ読み
フォローする

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム