/

アローラ氏「孫社長、若返った」ソフトバンク株主総会

ソフトバンクグループは22日、都内で定時株主総会を開いた。開始直後、取締役の退任を前日発表したニケシュ・アローラ副社長が登壇。「孫社長は(ここ数年の間に買収した海外企業の)若い経営者と会ううちに、若返ってきた。これからも(ソフトバンクの経営を)リードできる人だと信じている」と述べ、孫社長続投の決断を支持した。

アローラ氏は2015年から代表権を持つ取締役副社長として海外事業を取り仕切ってきた。企業買収の実績を振り返り、「孫社長からは、変革に対する種まきをするという仕事を与えられた。ソフトバンクが今後、成長するための基盤を作れたと自負している」と話し、円満退社を強調した。

アローラ氏は孫社長の後継者候補としてソフトバンク入りした。14年度は入社に伴う契約金を含め165億円と巨額の報酬、15年度も約80億円の報酬を受け取ったことで注目を集めた。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません