「日光・鬼怒川」集客の起爆剤に 東武12年ぶり新駅

2017/7/22 14:28
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東武鉄道は22日、鬼怒川線に「東武ワールドスクウェア駅」(栃木県日光市)を開業した。テーマパークの東武ワールドスクウェア近くに設けることで利便性を高め、観光振興の起爆剤にする。同社は観光地として日光・鬼怒川地域を地盤とするが、ライバルの西武も埼玉・秩父の開発に力を入れるなど観光客の獲得競争は激しい。新駅開設などの取り組みは「本丸」死守の宣言でもある。

「様々な観光施策を講じているなか、国内外の客…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]