2019年2月20日(水)

韓国サムスンのバイオ子会社、武田薬品と提携 新薬開発で

2017/8/21 18:57
保存
共有
印刷
その他

【ソウル=山田健一】韓国サムスングループのバイオ子会社サムスンバイオロジクスは21日、武田薬品工業と新薬の研究開発で提携すると発表した。両社が新薬候補物質の探索や臨床試験(治験)実施、販売などで協力する。第1弾として武田が研究する急性膵臓(すいぞう)炎治療薬候補の商業化を目指す。

サムスンバイオロジクスは、バイオ医薬品製造受託の世界大手。同社の子会社でバイオ医薬品開発のサムスンバイオエピスと武田が提携する。日本の製薬大手と韓国の大手財閥が新薬で提携するのは珍しい。

武田は開発の重点領域に消化器を掲げており、今回の提携はこの分野に入る。同社はバイオ医薬品に強いサムスンのノウハウを取り入れ、日本の製薬会社が苦手とされる同医薬品の開発力を高める。サムスンは治験を安全かつ効率的に進め、新薬の製造販売承認を得るノウハウを学ぶ。

両社がまず共同で研究する急性膵臓炎治療薬候補は現在は治験開始前の段階。このほかの医薬品候補の選定は今後詰めるとしている。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報