/

ベネッセHD、ペット情報サイト運営会社に35%出資

ベネッセホールディングスは21日、ペットに関する情報サイトなどを手掛けるVapes(ヴェイプス、東京・港)と業務・資本提携すると発表した。ペット関連市場が拡大する中、ペットを飼う人に向けたサービスや広告を拡充し、収益基盤を広げる。

ベネッセHDがヴェイプスの発行済み株式の35.2%を22日付で取得する。取得額は公表していない。ベネッセグループでは、ベネッセHD傘下のベネッセコーポレーション(岡山市)が雑誌「いぬのきもち」や「ねこのきもち」などのペット関連の情報誌やサイトを手掛けている。ヴェイプスとの協業で顧客基盤の拡大を目指す。

ヴェイプスは2011年設立で、獣医師監修のもとペットに関する健康情報などを発信する情報サイト「ペット生活」や、利用者がペットの悩みを相談し合うスマートフォン(スマホ)向けの無料アプリ「ペット生活アンサー」を展開する。

ベネッセHDは主力の「進研ゼミ」をはじめとする国内教育事業の会員数の減少が続いており、収益源の多角化を急いでいる。ペットフード協会の調査によると、2015年の国内の犬と猫の飼育数は合計約2000万匹。「進研ゼミ」や「こどもちゃれんじ」の主な対象である15歳以下の子どもの数(約1600万人)よりも多い。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン