2019年2月22日(金)

2/22 11:00更新 マーケット 記事ランキング

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,374.77 -89.46
日経平均先物(円)
大取,19/03月 ※
21,370 -70

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

平野憲一の投資道場[映像あり]

2月21日(木)14:20

コマツ 陸自車両の新規開発を中止[映像あり]

政投銀 東芝メモリに最大3000億円出資を検討

2月21日(木)13:00

[PR]

M&Aニュース

フォローする

TDK、米センサーを買収 脱スマホ依存めざす

2016/12/21 20:21
保存
共有
印刷
その他

TDKは21日、米国のセンサーメーカー、インベンセンス(カリフォルニア州)を買収すると発表した。約13億ドル(約1572億円)を投じて発行済みの全株式を取得する。モノが回転する動きを検出するジャイロセンサーなどを製品群に加え、あらゆるモノがネットにつながる「IoT」分野を強化し、スマートフォン(スマホ)に偏った収益構造を見直す。

インベンセンスはジャイロセンサーのほかに、圧力や音声、超音波などのセンサーを手掛けており、スマートフォンやゲーム機、カメラなどの民生機器を得意とする。TDKが強い磁気センサーなどと組み合わせて自動車などIoT分野の顧客のあらゆる要望に対応できる多機能・小型のセンサーを提供する体制を整える。

インベンセンスは開発・設計に特化した「ファブレス(工場無し)」メーカーで、米市場に上場している。2016年3月期の売上高は4億1840万ドル(約490億円)。直近の時価総額は約10億ドル。当局から承認を得て2017年7~9月期に買収を完了する予定。株式取得の費用には手元資金を充てる。

TDKはスマホ依存から脱却するためにIoT分野の開拓に欠かせないセンサー事業の強化を打ち出している。今回の買収で21年3月期までにセンサー事業の売り上げを現在の約4倍の2000億円まで高める目標を新たに示した。

石黒成直社長は「光学式センサーを除くあらゆるセンサーを手掛ける」方針で、15年12月にスイスの自動車向け磁気センサーメーカーを、16年8月にはフランスの産業機器向け加速度センサーメーカーの買収に動いた。

脱スマホ依存に向けては、16年1月にスマホのキーデバイスとなる高周波部品を米クアルコムに売却すると発表した。この売却益でインベンセンスの買収費用をまかなう計画。

脱スマホ依存を目指すTDKだが、今回のインベンセンスが得意とするのはスマホ向けだ。スマホやタブレット向けは16年3月期の売り上げの64%を占める。自動車などスマホ以外の分野にどう展開するかが課題となる。さらにファブレスメーカーのためノウハウを持つ開発者をどう社内に引き留めるかも重要なテーマだ。

インベンセンスはTDK以外にも日本の複数メーカーに売却を持ちかけたが、まとまっていなかった。電子部品メーカー各社がスマホの次を見据える中で、インベンセンスの技術をTDKがIoT分野に生かしていけるのかをライバルメーカーが注目している。

M&AニュースをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

  • 企業

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム